工務店のデメリット

工務店の活動範囲は狭い

工務店は地域密着型の注文住宅建築サービスです。販売規模が限定されているだけに、大手と比較したときには宣伝広告費をあまり掛けていません。そのため大手ハウスメーカーよりも安価な金額で注文住宅を建築できるのがメリットです。工務店にはいくつかのデメリットはあるので知っておきましょう。基本的に工務店は地域密着型でサービスを展開しています。住宅建築をするときには利用できる場所が限られているので、多くの人が利用できるわけではありません。例えば対象外の地域に住んでいる場合は利用できないので注意しておきましょう。ただし工務店は一部フランチャイズを行っているところもあります。こちらは本部と同じ看板を掲げて多くの地域で営業を行っています。取り扱っている商品も本部と同じです。フランチャイズの場合各店舗が施工を行うので品質に関してはばらつきがあることに注意しないといけません。

ショールームがないところが多い

大手ハウスメーカーはショールームを作っています。ショールームに行くと大手の扱っている注文住宅を知ることができます。実際に住宅内部に入って設備や間取りを確認する事ができるのがメリットです。細かい部分まで見ることができるので買い物に失敗をするリスクは少ないでしょう。一方工務店はショールームを作っているところが非常に少ないです。そのため注文住宅を購入する前に内部を確認できないのがデメリットです。導入する設備を確認したいときは各メーカーの展示会などに行き、一社ずつ機器の特徴などを調べないといけません。かなり労力がかかってしまうので注文住宅の選定時間が長いです。すぐに住宅を購入したい人にとって使いにくいでしょう。