ハウスメーカーのデメリット

打ち合わせのスケジュールが決められている

ハウスメーカーで家を建てる場合、打ち合わせのスケジュールや回数が決められていることもあります。材料を発注するためのスケジュールが細かく決められていることも多いです。デザインや内装に使う材料を決めるための締め切り日が設けられており、その期日を超えると変更できなかったり、変更費用が発生する場合も少なくありません。打ち合わせの回数が決められている場合は、一度に決めなければならないことも多く、打ち合わせが半日以上かかってしまうこともあります。あれこれ決めることに疲れてしまい、提案されたものをそのまま受け入れてしまう人も多いようです。そのため、家を建ててからもっとしっかり考えればよかったと後悔することもあるようです。

申し込みを急かされることがある

ハウスメーカーでは、さまざまなキャンペーンが企画されています。期間限定のキャンペーンを利用することで、お得なメリットが受けられることも多いです。そのため、契約するかどうかを早めに決めなければなりません。指定された日までに契約すれば、無料でワンランク上の外壁タイルにすることができたり、床の材質をよりいいものにできるなどの魅力的なキャンペーンがあり、締め切り日も短めに設定されています。そのため、キャンペーンを利用するために契約を急かされることがあります。お得なメリットにつられてしまい、他のメーカーと比較することなく契約してしまう人もいるようです。契約を急ぐようにと担当者から催促されることも多いようです。